« 第二話/ざ、はうす、おぶ、らいじんぐ、さん | トップページ | 第四話/ざ、らいおん、すりーぷす、とぅないと »

2015年9月29日 (火)

第三話/はぶ、ゆー、えばー、しーん、ざ、れいん

こんにちは。
菊千代です。

今日は生憎の雨です。
こちらの世界では昨日から雨期に入りました。
それからというもの、ずっと雨が降り続いています。

地球では大雨が降る事で災害に繋がったりしますが、それはこちらでも変わりません。
寧ろ、こちらの方が頻繁に水害には見舞われます。
本当に日常茶飯事の様に思います。

しかし誰もその事を恨んだりはしません。
水害に限った事ではないのですが、自然災害は常に我々と共にあるのです。
日常の一つと化してもいる。

勿論、それにより大切なものを失う事もあります。
しかし、それを無理に否定しようとはしません。

所詮、この世は飛花落葉であり、全ては行雲流水の如く。

命には限りがあり、限りがあるからこそ尊いのです。

地球にいる時は、どちらかと言うと「死」は否定すべきものだと僕は思っていましたし、地球人はその様な感覚の方が多いのではないでしょうか。

しかし、こちらの世界では「生」も「死」も、どちらも自然の営みの一つにしか過ぎません。

「生」も「死」も我々の生活のすぐ傍に位置しています。

だからこそ、常日頃において「生」という未来が尊ばれ、同時に「死」という過去もまた尊ばれもする。

どちらが正しいのかはわかりませんが、少なくとも僕はこちらの方が水に合っている感じがします。

そして、こちらの世界では、それら全てを「くやほが」に委ねてもいる。

「くやほが」とは何なのか。

地球で言うところの「神」の様なものでしょうか。
いや、「神」以上の存在と言った方がいいのかもしれません。

世界は常に一つであり、全てである。
その一つとは「くやほが」であり、その全てもまた「くやほが」なのです。

そして我々の存在は「くやほが」の一部でしかなく、また我々の歴史も「くやほが」の一部でしかない。

そのような信仰ともいうべきものが、この世界を支配しているのです。

地球の方々にはちょっと解り難いのかもしれませんね。
僕も最初は戸惑いました。

しかし、こちらの世界ではこれが当たり前なのです。
そして、その当たり前に身を委ねる事で案外と、僕にとっては水が合ってしまったという感じでしょうか。

地球の外にはこんな世界があったりもするんですよ。

« 第二話/ざ、はうす、おぶ、らいじんぐ、さん | トップページ | 第四話/ざ、らいおん、すりーぷす、とぅないと »

本編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2181725/61825658

この記事へのトラックバック一覧です: 第三話/はぶ、ゆー、えばー、しーん、ざ、れいん:

« 第二話/ざ、はうす、おぶ、らいじんぐ、さん | トップページ | 第四話/ざ、らいおん、すりーぷす、とぅないと »