« 第五話/パートナー | トップページ | 第七話/ぱーぷる、れいん »

2016年1月20日 (水)

第六話/だいあもんど、どっぐす

こんにちは。
菊千代です。

今日はつい先日に行った、牧場の話をしたいと思います。
地球の牧場では牛や羊、馬などが多いでしょうか。

しかし、こちらの世界の牧場では犬が多いのです。
所謂、乳犬とでも言えばいいのでしょうか。

母乳を大量に出す種の犬が居て、その犬乳を我々人類が口にしているのです。

また、こちらの世界には地球とは違って、食肉用の家畜が一切、居ません。

動物性蛋白質は殆ど、人工化されたもので賄っています。

唯一、飲料として動物の母乳が一般的に飲まれていて、その中でも犬乳が一番多く消費されている。
というのも、この乳犬、地球の象くらいに大きかったりもするので、大量に搾乳も出来るのです。

更に草食動物の牛等よりも、雑食化した犬の母乳は栄養面のバランスも自在に調節出来るという利点もある。
そのような事情で、こちらの世界の牧場には犬が居るのが一般的だった。

そして、こちらの世界の犬には、もっとびっくりする様な犬も居る。
つい先日、行った牧場に、その犬が居た。

家畜としての犬ではなく、牧場主の方のペットとして、その犬は、その牧場でマスコット的な役割をしていたのである。

そして、その犬は、なんと、全身がダイアモンドで出来ていた。
犬の形をしたダイアモンドではない。

ダイアモンドで出来た、正真正銘、生きた犬である。

大きさは地球の小型犬程だったが、毛も体も何もかもがダイアモンドで、話によると体液もダイアモンドだったりするらしい。

色は透明ではないが、光を反射して、見た目はダイアモンドにしか見えない。

しかし触ってみると、その体毛や体の肉はとてもダイアモンドとは思えない程、軟らかい。

それでも、ダイアモンドではあるらしい。

地球の常識からは考えられないが、こちらの世界では、その様な不思議な事が山の様にあるのです。

今後も少しずつ、その様な事をお伝えしていって、地球の皆さんに色んな刺激をお届け出来たら幸いです。

という訳で、また次回をお楽しみに。

« 第五話/パートナー | トップページ | 第七話/ぱーぷる、れいん »

本編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2181725/63559491

この記事へのトラックバック一覧です: 第六話/だいあもんど、どっぐす:

« 第五話/パートナー | トップページ | 第七話/ぱーぷる、れいん »